牧水の滝

LINEで送る
Pocket

 
羊丘公園を後にして、長瀞の岩畳を見に行くために
御花畑駅まで歩いて行く途中に「牧水の滝」の看板が

「牧水の滝」と言うのは
大正9年4月7日に若山牧水が当地方を訪れ詠んだ
「秩父町出はづれ来れば機織の唄ごゑつづく古りし家並に」の歌碑をここに移して、
名称も「牧水の滝」として1,021平方mの日本庭園を造園し、人工滝を造設した所だそうです
ちなみに使われた石はすべて秩父の石で、池は旧秩父市の地形を形どったものとの事・・・

 
羊丘公園からだと↑こんな所を抜けて行きます

 
池の中には金魚が沢山☆

 
↑これが滝・・・?
水が全然流れてないけど・・・(+o+)

 
水車もあるけど、水の流れがないので回っておらず(+o+)
昔は廻ってたのかな?

1,021平方mの日本庭園って事で、見たところはほんの一部なんだろうけど、
趣のある綺麗な庭園でした
ちょっと寂れてる感じもあったけど・・・

 
ちなみに、御花畑までの道には所々足元に案内板が埋め込まれていました☆
重度の方向音痴なのでスマホの地図機能を駆使して歩きましたが、かなり有り難いです






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA