江ノ島神社

LINEで送る
Pocket

昨年、江ノ島神社に行った時は御朱印を全くやっていなかったので特に意識してなかったけど…
江ノ島神社境内には辺津宮、中津宮、奥津宮の3つの宮があるんですね
(この御朱印は辺津宮横の社務所にてもらいました)

有名?な朱い鳥居…朱の鳥居(←名前、そのまんまw)を通って階段を上っていくと…

田寸津比辺賣命(たをつひめのみこと)をお祀りしている辺津宮があります
(高低差のある江の島(神域内)で一番下にあるので「下之宮」とも呼ばれているらしいです)


 
辺津宮の左には日本三大弁財天の1つとして有名な裸弁財天の妙音弁財天が安置されている八角の御堂があり、
また、銭洗いの龍神がいます
龍神の前にある水でお金を洗ったり、龍神様の前にあるお賽銭箱に願いを込めてお賽銭を放り込んで入れば
願いが叶うとか…って事で挑戦しましたが、見事に外れました(@_@;)

さらに歩いて行くと市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)をお祀りしている中津宮へ
中津宮へ続く参道の両側には一対の石燈籠がありますが、
これは、江戸歌舞伎「市村座」と「中村座」が奉献したものだそうです(歌舞伎役者の手形もあるらしい、、、)

江ノ島神社境内内一番奥にある奥津宮
ここは多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)が祀られていますが、実は3つの御宮(辺津宮、中津宮、奥津宮)に
祀られているのは3姉妹の女神で奥津宮の多紀理比賣命が長女だそうです

奥津宮の隣には平成5年に崇敬者の御篤志で建てられた龍宮があり、中に龍神が坐しています
今回はエスカーを使わずに歩きながら奥まで行ったけど、
それでも、全部は見切れず…江の島、、、ちゃんと見るとなると結構時間が必要なんですね

 






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA