大曲花火大会 2014

LINEで送る
Pocket

夜行バスで秋田に向かって三大花火大会の1つである大曲花火大会に行ってきました

夜の花火までは観光

バスが田沢湖畔のレストハウスでトイレ休憩の10分間で日本一深いという田沢湖観光w

田沢湖

田沢湖

その後、休暇村までバスで行ってそこから徒歩で乳頭温泉郷へ

乳頭温泉郷 妙乃湯

乳頭温泉郷にはいくつかの温泉があるんですが、
ココ、口コミで好評価の温泉みたいです

休暇村からは少し山道?を少し歩くけど渓谷の景色が綺麗です


 
妙乃湯温泉


 
さすがに中の温泉の様子は写真に撮れないけど…
露天の内湯も含めて、内湯が2つと露天風呂がありました
露天風呂は混浴なんですが、目の前の渓谷が眼下に広がっていて
とても景色のいいところでした

また、ここは渓谷を眺めながらゆっくりできる無料の休憩室もあるのでのんびりできます

ただ、温泉も含めて脱衣場が狭いのと体を洗う場所が5人分位しかないので
ちょっと人が多いとゆっくりできないかもしれないです(*_*;


 

乳頭温泉から角館へ    .

乳頭温泉郷 11:55
↓バス
田沢湖駅前 12:30

田沢湖駅前 13:26
↓電車
角館 13:51

乳頭温泉へ公共の交通機関を使って行く場合は
田沢湖駅前からバスで行く方法位のようですが、
このバスがまた、1時間に1本くらいで非常に時間的なつなぎが不便です((+_+))

角館

天気がいいとバスで田沢湖駅前に行く途中で田沢湖が見れます

田沢湖駅

田沢湖駅、なかなか大きくて駅前にはお土産屋さんと食事のできるところがあります
昨日の夜から何も食べてないし、時間も12:50だったのでお昼にしたかったんですが…
30分後に角館行きの電車が来るのでお土産を買う時間にしてお昼は断念する事に
なんせ、この電車を逃すと次は1時間後…角館に着くのが15時になってしまうので

角館

角館

田沢湖、角館、大曲…良く耳にする観光地だと思ってたけど、電車は2両のまさにローカル線ですね

角館

 
夏ですが、ホームとホームを渡す階段の通路は手作りの桜のトンネルで迎えてくれます

秋田新幹線

そして、秋田~盛岡間は秋田新幹線が在来線のホームを通ります
(法律上はこの区間を新幹線とは言わず、在来線扱いのようです)

角館

角館はその街並から「小京都」と呼ばれてるんですね
初めて知りましたw

武家屋敷

角館には武家屋敷に行くために来たんですが、
14時になるのに全く何も食べていなかったのでまずは腹ごしらえ

食堂いなほ

稲庭うどん

 

本当は比内地鶏の親子丼を食べたかったんだけど…
売り切れとの事で「手桶け稲庭のうどん」を食べました

うどんは正直あまり好きじゃないんですが、
食感はパスタのフィットツィーネで、そうめんみたいに食べやすかったです
(食レポできない・・・(*_*;)

武家屋敷

 
かつての中・下級武士の武家屋敷が立ち並ぶ武家屋敷通りには
ソメイヨシノや枝垂桜が並んでいて、日本さくら名所100選にも選ばれているとのこと

計画を立てていた時から電車の時間の都合で
見学するには時間的に厳しいなぁ~とは思ってたけど…
案の定、武家屋敷を見るには時間があまりにも少なすぎました


 

結局、武家屋敷の通りを通るだけで終わっちゃったので
次回来る事があったら、是非ゆっくり見学したいなぁ~

角館 16:58
↓電車
大曲 17:28

大曲花火大会

昼花火の部(17:30〜)
煙流(紅、黄、青、緑、紫などの色煙)や光の代わりに色煙でボタンや菊を表す花火

大曲花火

 

昼花火は観光を優先させてパスする事に
ただ、打ち上げ開始時間に大曲駅に着いたので、会場に行くまでに見えました
パーティーの時に使うクラッカーみたいw

大曲花火

 

そして、会場は人でいっぱい
東京ほどの人はいないんだろうけど、、、さすがにすごい人です

夜花火の部(18:30〜)
①10号玉の部
②創造花火の部

無料の席とは言え、他の人が朝一で場所取りをしてくれていたので
最良の場所で花火の迫力を満喫できました

大曲花火


 

また、来年も機会があればいきたいかも(*^_^*)






LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA